特集!「新緑の大原 伝統の大原女まつり」
この情報は2010年04月28日現在のものです
大原の里イラストマップ
数字の付いたスポットをクリックすると詳細が表示されます。

今月(2010年5月)の特集は新緑の大原 伝統の大原女まつりです!
  京都〜♪大原三千院♪と詠われる京都大原の里。
桜は散り染め、みずみずしい新緑に覆われる谷間の山村風景。昔ながらの棚田は田植えの真っ最中、辺りには菜の花が咲き乱れゴールデンウィーク、大原女まつりの時期にはたくさんの観光客で賑わいます。昔からここ大原の女性は紺色の着物にずきん、脚半姿で京都の町まで柴や薪などを売りに歩いていたそうです。消えつつある大原女姿の女性たち。この伝統を絶やすことのないようにと始められたのが現在の「大原女まつり」です。
大原女さんに変身して三千院から寂光院まで行列をなして歩く。京の旅の思い出にいかがでしょう☆
   
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 

 
  大原女まつり    
第28回大原女(おはらめ)まつり

写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます



平家物語のゆかりの山里 ここ大原では、大原女まつりが催されます。 大原女(おはらめ)とは、そのむかし八瀬や大原の里から、しばや花、農作物や炭など頭に乗せ、京都の町に売りにきていた女性たちの総称です。 まつりの期間中は大原女装束を身にまとい、新緑の大原の里を散策することもできます。そして、大原女姿でお店に入ると割引が受けられるそうです。 昔にタイムスリップして、自然の中へどっぷりはいかがでしょうか? また、5月23日(日)の午後1時より祭りのメイン、大原女時代行列があります。 室町時代から明治時代のそれぞれの時代の大原女衣裳つけた、大原女たちが約1.5キロ(三千院から寂光院)の道のりを練り歩きます。 大原女まつりの期間中は大原女衣装の着付無料です!



  Data....
【日時】
  5月16日(日)〜31日(月)
午前10時→午後4時
  【大原女時代行列】
5月23日(日)13時より
  【しば漬けのシソ苗植え】
5月16日(日)・17日(月) (雨天中止)
定員各25名
  【大原フォトコンテスト】
応募締切 2010年6月6日(日)
【場所】
  京都市左京区大原 周辺一帯
【問合せ】
  大原観光保勝会
075-744-2148
【イベント】
  大原女時代行列
  大原女衣装変身サービス
  大原フォトコンテスト
  三千院の御懺法講
【ウェブサイト(URL)】 http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/ (大原観光保勝会 外部リンク)
 

 
  勝林院
大原女時代行列出発のお寺「勝林(しょうりん)院」。
寂源法師が長和2年(1013)に開かれた日本音楽の源である天台声明発祥の寺で、 本尊は「大原問答」の時手から光明を放ち法然が正しい証拠を示したとされる”証拠の阿弥陀”踏出阿弥陀如来、他にも十一面観音菩薩像、普賢菩薩像、法然上人御木像が祀られています。
梵鐘(無銘)は藤原時代からのもので重要文化財に指定され、また「大原問答」(1186年、天台座主顕真と開祖法然との間で、念仏により極楽往生できるかどうかの問答が行われ、百日に及んだとされる)で知られています。
 
【所在地】 京都市左京区
大原勝林院町1187
(三千院そば)
【お問い合せ】 075-744-2409
【拝観料】 大人 200円
中・小学生 100円
【拝観時間】 午前9:00〜午後5:00
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
 

 
  三千院
♪きょうと 大原 三千院…  『女ひとり』に歌われたあまりにも有名なお寺。石楠花(しゃくなげ)や、雨にぬ れる紫陽花、初秋の薄紅色の秋海棠(しゅうかいどう)の愛らしさ。そして紅葉。恋に疲れたきもの姿の女でなくとも、どの季節も老いも若きもここへきて、大原の山に抱かれた古寺のたたずまいに、しみじみ身をゆだねています。延暦年間、最澄(さいちょう)上人が開祖。皇族が住持した天台宗門跡寺院の一つです。  参道には、土産や美味しい物の店が並び川の水音が足元に添うてきます。豪壮な中にも優美な山門をくぐり、庭の花々を見ながら宸殿への廊下。音愛(おとめ)の手洗鉢(ちょうずばち)には清冽な水が流れ込んでいます。そこから往生極楽院へ。杉苔がしっとりとした風を呼び、杉木立の中、江戸時代の建築、往生極楽院には阿弥陀様が優しい眼差しで坐(いま)す。寺内そちこちに「生きてごらんなさい」と記した小さな石碑が紫陽花や楓の中から、何かを語りかけてくれます。
 
【所在地】 京都市左京区
大原勝林院町1187
(三千院そば)
【お問い合せ】 075-744-2409
【拝観料】 大人 200円
中・小学生 100円
【拝観時間】 午前9:00〜午後5:00
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://www.sanzenin.or.jp/top.html (外部リンク)
 

 
  願いが叶う 椿(つばき)地蔵   大原の里を一望できる菜の花畑
この椿地蔵さんは三千院参道の坂道の途中−呂川の橋を渡った所にひっそりといらっしゃいます。
かつて、久保家の守本尊として庭の椿の下に祀られていました。豊作、家内安全、火の用心、受験合格から縁結びまでよろずの願い事を叶えてくれるお地蔵さんです。願い事を紙に書いてお地蔵さん横の立木に括り付けると、きっとお願い事が叶いますよ☆

お地蔵さんの奥には菜の花畑が広がっています。背の高い杉の木の隙間からみる菜の花畑、大原の里は絶景です!
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 

 
  大原名物 しそソフトクリーム「呂川茶屋」
大原のバス停から三千院へ向かう坂道にある茶店。
緋もうせん、野点傘のあるお庭でのんびりとお食事をいただいたり、焼き団子でいっぷくしたり。
また女将の考案した大原特産の紫蘇を練りこんだしそソフトクリームは甘さ控えめでご当地ソフトとして長い坂道の食べ歩きにピッタリです☆

 
【所在地】 〒601-1241
京都市左京区
大原勝林院町107
【お問い合せ】 075-744-2754
【営業時間】 午前9:00〜午後5:00
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
 

 
  紙漉き体験「もとしろ
坂道にある美しい瓦葺の屋根が印象的な建物、和紙の専門店「もとしろ」さんは大原女時代行列のちょうど中間地点。当日、2〜3時間かけて勝林院から寂光院までの道のりをあるく大原女さんに飲み物が振舞われ、たくさんの観光客で賑わいます。
もとしろさんでは、日本伝統の和紙の手漉き体験(要予約2人から)をすることができ、修学旅行生や外国人観光客からも大変人気があるそうです。紙漉き体験で漉いた和紙は30〜40分という短時間で乾燥するので、周辺を散歩している間に自分だけのオリジナル和紙が完成します。
旅の思い出にぜひいかがでしょう☆
 
【所在地】 〒601-1242
京都市左京区
大原勝林院町400−3
【お問い合せ】 075-744-3388
【営業時間】 午前9:00〜午後5:00
【定休日】 年中無休
(体験は11月は休業)
【体験料金】 1枚500円(要予約)
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/shopping/motoshiro.html (外部リンク)
 

 
  手焼せんべい「寺子屋本舗
今や全国に45店舗を構える、もち焼せんべい・ぬれおかき 「寺子屋本舗」。
1985年11月にもち焼せんべい「寺子屋本舗」はここ大原の里で1号店の産声をあげました。
こだわりの製法と伝統のタレ、優良産地のもち米100%と昔と変わらぬ味を楽しめる手焼せんべいを大原散策の際にはぜひご賞味あれ。
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

 
【所在地】
  京都市左京区
大原来迎院町 401
【お問い合せ】 075-744-2378
【営業時間】 午前9:00〜午後5:00
【定休日】 12/31〜1/2
【他の店舗】 京都エリア
・銀閣寺参道店
・嵐山渡月橋店
・京福嵐山駅店
・錦市場店
・四条河原町店
・伏見稲荷参道店
インターネット販売あり
【ウェブサイト(URL)】 http://www.mochiyaki.jp/ (外部リンク)
 

 
  寂光院
大原女時代行列の終点「寂光院」。
推古2年(594)聖徳太子創建の寺です。平清盛の娘、建礼門院徳子は、壇ノ浦の戦いで平家敗れ、愛児、安徳天皇を失ったのちは出家し、ここで念仏三昧の日々を送りました。
古くから京の人は雪がふりだすと「寂光院さんへ行きまひょ」と出かけたものです。建礼門院や傍に仕えた女たちの生涯を、深々とつつむかのように降り積む雪に『平家物語』の悲劇の一端に触れる心地がします。 山門までの急な石段をゆっくり登ると、本堂の横の書院。その前の心字池。すべての音を吸い込み、まさしく静寂のひとときです。
寂光院は2000年5月9日に不審火によって本堂は全焼、数々の重要文化財も損傷しましたが、現在は本堂も見事に復元され、宝物殿には平家物語の原文や火災を逃れた重要文化財が展示されています。
 
【所在地】 京都市左京区
大原草生町676
【お問い合せ】 075-744-2545
【拝観料】 大人 500円
中学生350円
小学生以下無料
【拝観時間】 午前9:00〜午後5:00
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
       

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://www.jakkoin.jp/ (外部リンク)
 

 
  足湯カフェ 「大原山荘」
寂光院参道にある「足湯カフェ」。湯元の大原山荘敷地内に京都盆地の稀少な源泉「紫(ゆかり)の湯」かけ流しで気軽に楽しめる足湯に、カフェがドッキング。冷たいアイスコーヒーやジュースを飲みながら身体はぽかぽか、大原観光の疲れを癒してくれます。
さらにお店では、陶器のお手軽絵付け体験ができる「らく焼き体験」もあり、絵付けしたあと窯で焼いている間に足湯でリラックスなんてことも出来ます!足湯はドリンクを頼めば、40分まで楽しめます!

写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
【所在地】 〒601-1248
京都市左京区
大原草生町17
【お問い合せ】 075-744-2227
【営業時間】 午前9:00〜午後5:00
【定休日】 不定休
【絵付け体験】 1000円 〜3000円
【足湯料金】 ドリンク代に含む
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://www.ohara-sansou.com/ (外部リンク)
 

 
  いなかコンビニ「志野
大原の餅つき隊!として、国道367沿いに昨年オープンした「志野」さん。
大原で採れるよもぎを使ったよもぎ餅、丹波篠山産の黒豆を使った黒豆餅や白餅は、毎朝毎朝お店で昔ながらの杵と臼を使ってこしらえていらっしゃいます。
また、大原近郊の新鮮野菜。田舎らしい材料で誂えたお弁当。そんな田舎らしさたっぷりの「田舎のコンビニ」です。自家製ドレッシングも販売されているので是非お立ち寄りを。
 
【所在地】 〒601-1245
京都市左京区
大原戸寺町173-2
【お問い合せ】 075-744-2470
【営業時間】 午前9:00〜午後7:00
【定休日】 年中無休
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://www.sino.co.jp/mochitsuki.htm (外部リンク)
 

京都大原へのアクセスは
 
JR京都駅から  京都バス17・18号系統大原行きで終点下車
 
  また、周辺には駐車場もたくさんありますので、お車でのご来場も可能です。
詳しくは大原観光保勝会までお問い合わせください。
   

タウンナビ京都トップ
 
サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営:株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp
京都市下京区東洞院通五条上ル深草町586-1
TEL/FAX 075-344-1118(代)/075-344-1112
kyoto@ad-com.co.jp
| 会社概要 | 広告掲載について |
Copyright (C) 2007 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。
 
いなかコンビニ 寂光院 足湯カフェ 手焼せんべい 紙漉き体験 しそソフトクリーム 椿地蔵 三千院 勝林院