特集!「春の宇治川さくら祭り with 炭山陶器祭り」
宇治イラストマップ
数字の付いたスポットをクリックすると詳細が表示されます。

宇治川さくらまつり with 炭山陶器まつりをご紹介
  もうすぐ京都でも桜が見ごろを迎え、京都の町は春一色になりつつあります☆
今月の特集は毎年4月の第一土曜日曜に宇治公園・中の島で開催される「宇治川さくらまつり」です。
お茶で有名な京都・宇治。観光シーズンはもちろん春!宇治川の清流にさくらの花びらがひらひらと揺られ源氏物語1000年の歴史に引き込まれていく宇治の歴史街道を春のポカポカ陽気に誘われて、ゆっくり散歩してみるのはいかがでしょう☆
   
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます(本ページ掲載の写真は著作権フリーです)
 

 
  宇治川さくらまつり 炭山陶器まつり
源氏物語千年記 記念
第37回 宇治川さくらまつり・炭山陶器まつり

写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます



毎年4月の第一土曜・日曜に開催される春の宇治名物 宇治川さくらまつり。会場となる中の島(塔の島・橘島)には、屋台が軒をつらねお祭りモード一色に染まります。
宇治特産抹茶でのお抹茶席が設けられ、裏千家流のお手前を体験したり、宇治田楽の公演、宇治川花見舟での昼食、鵜飼ショー、土産物販売や木工教室など丸ごと1日楽しめるイベントが開催されます。

さらに、同時開催の炭山陶器まつりでは、陶器蔵ざらえと称し、京都・炭山にて制作される京焼・清水焼の陶器市が開催されます。

旅行の合い間に、デートにお散歩に、ピクニックに、一度足を運んでみてはいかがでしょう?
タウンナビ京都スタッフ一押しイベントです☆



  Data....
【日時】
  2013年4月6日(土)・7日(日)
午前10時〜午後4時
【場所】
  京都府宇治市
府立宇治公園 中の島
【問合せ】
  0774-31-5824
(宇治市観光課)
【イベント】
  お茶席 (野点抹茶席)
  茶そば
  宇治川春の市
(鰻のいいむし・ 胡麻豆腐・黒豆きな粉・抹茶ソフトクリーム・お土産・木工教室 etc...)
  伏見銘酒試飲コーナー
  宇治川の鵜飼ショー
  宇治田楽
  宇治川花見船
  陶器蔵ざらえ
  京焼・清水焼展示
  炭山ラッキープレゼント
【前売り券】
  1000円
(お茶席券・茶そば券・伝統工芸名陶抽選券・炭山ラッキープレゼント券・茶室対鳳庵or源氏物語ミュージアムor植物公園1施設入場割引券)
【販売所】
  宇治市観光センター/ 観光案内所(JR 宇治駅前、近鉄大久保駅構内)/ 京都府観光情報センター/各旅行者 他
【ウェブサイト(URL)】 http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/ (宇治市観光協会 外部リンク)
 

 
  お昼ごはんは 蓮華茶屋
宇治川さくらまつりで歩き疲れたらお昼ご飯にしましょう。
平等院正門前の蓮華茶屋さんでは、宇治名物の鰻や茶そば、抹茶わらびもちなど宇治ならではの味をいただくことができます。
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

「抹茶わらび餅」はお持ち帰りもでき、おみやげ用に発売されてます。
<もっと詳しく・・・>
 
蓮華茶屋
【所在地】 宇治市宇治蓮華23-1
平等院正門前
【お問い合せ】 0774-23-0666
【駐車場】 あり
【予約】 assiji@rengetyaya.com
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
【ウェブサイト(URL)】 http://www12.ocn.ne.jp/~waniha/rengetyaya/index.htm (外部リンク)
 

 
  世界遺産 平等院
宇治といえば平等院。十円玉の裏絵には平等院鳳凰堂が、10000円紙幣には鳳凰堂の屋根上に飾られている鳳凰がデザインされていますよね。
平等院は1994年12月にユネスコの世界遺産に登録されました。平安時代後期、1052年に宇治関白藤原頼通が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。鳳凰を屋上に戴く国宝の鳳凰堂には仏師・定朝作の阿弥陀如来像が安置され、52体の雲中供養菩薩像(1体は未指定)が押長の上で、雲に乗って音楽を奏しています。壁扉画、日本三名鐘の一つといわれる梵鐘とともに国宝に指定されています。

現在、阿字池よこのしだれさくらが満開です。
 
【所在地】 宇治市宇治蓮華116 
【お問い合せ】 0774-21-2861
【拝観料】 大人 600円
中高生 400円
【拝観時間】 午前8:30〜午後5:30
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://www.byodoin.or.jp/ (外部リンク)
 

 
  ちょっといっぷく お抹茶処「とどう庵」
平等院の表参道にある、御抹茶処。平等院通りに面して古い格子戸を開けて庭にはいると、店の人がいなければドラをたたいて、呼び出すというのもお面白い。築120年の茅葺屋根のお茶室で本場宇治のお抹茶がいただけます。 庭には緋毛氈の敷いた床机がいくつか置いて朱色の野点傘の下でも、お茶を飲みながら、ゆっくりしていただけます。

 
【所在地】 宇治市宇治蓮華20
【お問い合せ】 0774-21-2537
【営業時間】 午前10:00〜午後5:00
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://b-omotesando.com/shop/todoan/index.html (外部リンク)
 

 
  三室戸寺
平等院表参道より歩いて15分。明星山に抱かれてある三室戸寺は西国第十番札所として知られています。8世紀末の頃に創建されたと伝えられています。山門を入ると『源氏物語・宇治十帖』の浮舟ゆかりの石碑があり、平安王朝の頃の、この辺りの栄えを偲ばせます。
門をくぐってすぐ、左手に位置する5千坪の大庭園には四季おりおりの花が見られ、別名『花の寺』とも言われ訪れる人を楽しませてくれます。
4月下旬〜5月上旬には20000株のつつじが咲き誇り、その規模は関西屈指のものとか。
6月には30種・10000株のアジサイが。
さらに6月下旬より8月上旬にかけて本堂前の『蓮(ハス)園』には、200鉢の蓮が咲きみだれ、その光景は極楽浄土のようで、『蓮の寺』とも言われます。
 
【所在地】 宇治市菟道
滋賀谷21
【お問い合せ】 0774-21-2067
【拝観料】 (大人) 500円
(高) 400円 (中) 300円
【拝観時間】 午前8時30分〜
午後4時30分
( 4月〜10月)
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

<もっと詳しく・・・>
【ウェブサイト(URL)】 http://www.mimurotoji.com/ (外部リンク)
 

 
  宇治・炭山陶器の里
宇治川さくらまつり同時開催の炭山陶器まつり。毎年開催されるこのお祭りには、京焼・清水焼の伝統、茶の精神(こころ)を受け継ぎ、さらに斬新な創意工夫を加えて“美”を追求する炭山の陶工たちの作品が即売されます。
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

 
【所在地】
  宇治市炭山
【お問い合せ】
  ■京焼炭山協同組合
0774-32-2001
■協同組合炭山工芸村
0774-31-5824
■協同組合炭山陶芸
0774-32-5904
深い緑に優しく抱かれた京都宇治・炭山の里は宇治市の北端、北は京都市伏見区に接してるとはいえ、山ひとつ隔てた炭山は、志津川の清流と四季折々の自然が織りなす、文字通りの静寂境です。東海自然歩道沿いに位置するこの地は、古来より醍醐寺の所領であったことや鴨長明の「方丈記」の見られるように、伏見・宇治と近江南部とを結ぶ交通路にあたっていたことなどから、常に京の文化の影響を受け続けたためか、ひなびた風情のなかにもどこか風雅な趣きが漂っています。
炭山に京焼きの伝統が受け継がれたのは今から数十年前。京都清水坂のある陶工が一軒の廃屋を譲り受け、まだ電気も通じていなかったこの地に陶房を開いたことを契機に、手狭になった東山区一帯より、若い陶工たちが新天地を求めて、創作環境に恵まれた炭山へ移りました。今では、30余りもの窯元が軒を連ねるほどになり、名実ともに京焼・清水焼の里として確立されたのです。
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

炭山には、志津川の上流より京焼炭山協同組合、協同組合炭山工芸村、協同組合炭山陶芸の3つの共に協同組合があり、それぞれ特徴の異なった窯元が軒を連ねています。炭山の窯元の方は、いつでも訪れる人をあたたかくもてなしてくれるので、作品の見学をしたり、気に入った陶器を購入する事も出来ます。

写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます

また、ひねりや絵付といった作陶体験も開催されてますので、旅の思い出に"自分だけの清水焼"を作られるお客さんもいるとか。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう?  
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
 
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます
【作陶体験おすすめ窯元】 http://town-navi.jp/~ando/ (安藤陶房)
 

宇治・中の島へのアクセスは
 
京阪宇治線 宇治駅下車ー徒歩11分   JR奈良線 宇治駅下車ー徒歩8分
 
  宇治川さくらまつり当日は大変混雑が予想されます。
お車でのご来場は避け、公共交通機関をご利用ください。
   

タウンナビ京都トップ
 
サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営:株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp
京都市下京区東洞院通五条上ル深草町586-1
TEL/FAX 075-344-1118(代)/075-344-1112
kyoto@ad-com.co.jp
| 会社概要 | 広告掲載について |
Copyright (C) 2007 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。
 
宇治川さくらまつり 三室戸寺 番外編 京焼き・清水焼の里「炭山」 お抹茶処 とどう庵 世界遺産 平等院 お食事処 蓮華茶屋