京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

04月のカレンダー

<<
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
>>

04月の祭事・行事

【清水寺のライトアップ】 清水寺

清水の舞台に映える桜は見ものです。
4月中頃までライトアップは続きます。
年によってライトアップの日が変更になります。ご注意ください。
http://www.kiyomizudera.or.jp
お問合せ075-551-1234まで

【期 間】 3月30日~4月8日 【連絡先】 075-551-1234
【関連サイト・詳細】

【二条城の桜と庭園】 二条城

城内の約150本の桜と庭園をライトアップ。琴の演奏など和楽の調べが幽玄の世界にいざないます。年によって開催日が変更されます。ご注意ください。
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo
お問合せ075-841-0096まで

【期 間】 3月23日~4月15日 【連絡先】 075-841-0096
【関連サイト・詳細】

【桜のライトアップ】 円山公園

♪春は花のいざ見にごんせ東山…ります。夜桜はかがり火の明かりにさらに色合いを増し、中でもしだれ桜のふくよかさは他の追随を許さぬ 豪華さです。 歌にも歌われ親しまれてきた祇園円山。東山に抱かれ、八坂神社に守られて円山公園一帯は、800本の山桜、染井吉野が咲き乱れ桜の園となります。

【期 間】 3月23日~4月8日 【連絡先】 075-643-5405
【関連サイト・詳細】

【桜のライトアップ】 嵐山中之島公園

平安時代、この嵐山には多くの貴族が別荘を建て、山、川の美を愛でたといいます。保津川はここへきて大堰川(おおいがわ)と名を改めます。これにかかる渡月橋から、嵐山、小倉山を眺めます。古くは紅葉の名所でしたが、後嵯峨上皇が亀山宮を建て、桜をたくさん植えさせたそうで今や桜の定番名所となっています。あるいは雪の降り積む橋のたたずまいの静けさもすばらしい光景です。 年によって開催日が変更されます。ご注意ください。

【期 間】 3月23~4月8日 【連絡先】 075-861-0012
【関連サイト・詳細】

【桜のライトアップ】 平野神社

平野神社は、絹をかけたようなやわらかな衣笠山(きぬがさやま)の近く、また染め織りの街、西陣に接する古社です。ここの桜は種類が多いことでも有名で約45種、500本の花が春のはじめから晩春まで咲きついでいきます。茶屋で桜を見上げいただく昼間のお酒が妙にしっとり、静かな花見ができます。年によって開催日が変更されます。ご注意ください

【期 間】 3月25日~4月20日 【連絡先】 075-461-4450
【関連サイト・詳細】

【桜のライトアップ】 青蓮院

参道正面の薬医門、築地塀(ついじべい)沿いの長屋門。楠の大樹。豪壮な構えは旧仮御所と呼ばれた門跡院のたたずまいです。行玄僧正が開祖です。青不動明王画像は日本三大不動明王の一つ。華頂殿と小御所をつなぐ回廊をへて小堀遠州作の築山泉水(つきやませんすい)庭園は、春からつつじ、くちなし、百日紅、萩と夏、初秋を咲きつぎ、深秋、寺院は紅葉で染まります。紅葉のライトアップは幽玄の様を呈し、好評です。

【期 間】 3月30日~4月15 【連絡先】 075-561-2345
【関連サイト・詳細】

【桜のライトアップ】 将軍塚大日堂

青蓮院の飛地境内の将軍塚大日堂。京都市内が一望できる夜景はすばらしい。

【期 間】 3月30日~4月15日 【連絡先】 075-771-0390
【関連サイト・詳細】

【春の特別展】 高台寺

秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ)ねねが夫の菩提を弔い建立した寺で、東山に向かい登って行くと、秀吉とねねの霊屋(おたまや)があります。寺庭にはしだれ桜が美しく、夜はライトアップされ、いよいよ花の妖しさが浮かびます。門前の石だたみはねねの道と呼ばれ、円徳院につながるところに秀吉、ねねをしのぶ掌美術館(しょうびじゅつかん)やみやげ物、食事や甘いもののスペースがあり春爛漫にひたることができます。

【期 間】 3月9日~5月6日 【連絡先】 075-561-9966
【関連サイト・詳細】

【6春の特別展】 高台寺塔頭 圓徳院

豊臣秀吉の妻、ねねの寺で親しまれている高台寺塔頭圓徳院

【期 間】 3月9日~5月6日 【連絡先】 075-525-0101
【関連サイト・詳細】

【山吹のライトアップ】 松尾大社

古いお社(やしろ)です。大宝2年(702年)に建立されました。酒造りの神様です。桜もきれいですが、何といっても、楼門と本殿の間の小川沿いに咲きあふれる山吹が見事です。3千本もあるそうです。庭園は三つあり、曲水(きょくすい)の庭はツツジが美しく、磐座(いわくら)の庭は古石が、深山の神霊を表し、蓬莱(ほうらい)の庭は不老不死の鶴の形に作られ、それぞれの趣きです。また、奥の裏山の霊亀(れいき)の滝が別 世界へ誘います。

【期 間】 4月10日~5月5日,4月中旬" 【連絡先】 075-871-5016
【関連サイト・詳細】

【サクラまつり・炭山陶器まつり】 宇治公園(塔の島)

宇治公園(塔の島)で、毎年4月の第1土曜日・日曜日に開催されます。お花見をしながらの散策、陶器の蔵ざらえでの掘り出し物さがしで、一日楽しまれてはいかがですか。
名陶展や茶席、茶そば等も販売されます。
※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。
お問い合わせは0774-23-3334(宇治市観光課)まで

【期 間】 4月7日・8日 【連絡先】 0774-23-3334
【関連サイト・詳細】

【鞍馬寺花供養】 鞍馬寺

鞍馬寺の献茶・献花などの奉納行事です。
お問い合わせは075-741-2003まで

【期 間】 4月8日から22日迄 【連絡先】 075-741-2003
【関連サイト・詳細】

【嵯峨大念仏狂言】 清涼寺境内・大念仏狂言堂

円覚上人(えんかくしょうにん)が生き別れた母に巡り合いたいと祈念してはじめたのがこの大念仏狂言です。
郷土色豊かな念仏狂言で清涼寺境内にある大念仏狂言堂で4月第1日曜日と第2土・日曜日に公開されます。
午後1時30分、2時30分、3時30分の3回の上演です。
※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。
お問い合わせは075-861-0343まで

【期 間】 4月1日・7日・8日 【連絡先】 075-861-0343
【関連サイト・詳細】

【京おどり】 宮川町歌舞練場

宮川町の芸妓・舞妓が総力を挙げて春の祭典が行なわれます。
公演は宮川町歌舞練場で4月16日まで、午後12時30分、2時30分、4時30分の1日3回公演です。 
一等席券4,200円です。茶券付きは4,800円
毎年第1土曜日から第3日曜日。※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。
お問い合わせは075-561-1151まで

【期 間】 4月1日から16日迄 【連絡先】 075-561-1151
【関連サイト・詳細】

【清涼寺花まつり】 嵯峨清涼寺

この日はお釈迦さまの誕生日にあたり、市内の各寺院で多彩な行事が行われます。
なかでも清涼寺の花祭りはその代表的なお祭の一つです。
お問い合わせは075-861-0343まで

【期 間】 4月8日 【連絡先】 075-861-0343
【関連サイト・詳細】

【御所・春の一般公開】 京都御所

4月4日から5日間の公開です。一般公開の期間中、午前9:00から午後3時30分まで、手続なしで参観できます。
※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。
http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html
お問い合わせは075-211-1215まで

【期 間】 4月4日~8日まで 【連絡先】 075-211-1215
【関連サイト・詳細】

【平野神社桜花祭】 平野神社

平野神社の桜花祭(おうかまつり)は、寛和元年(かんわがんねん)(985年)4月10日がその始まりと伝えられている、歴史のあるお祭です
お問い合わせは電話075-461-4450まで

【期 間】 4月10日 【連絡先】 075-461-4450
【関連サイト・詳細】

【鴨川茶店】 府立植物園の西側・鴨川東岸・北大路橋と北山橋間

府立植物園の西側・鴨川東岸・北大路橋と北山橋間の800mの堤は(なからぎの道)と呼ばれ、河川美化運動の一環として、毎年4月の第二土曜日日曜日に行われている恒例の行事です。※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。

【期 間】 4月7日・8日 【連絡先】
【関連サイト・詳細】

【猫寺動物供養祭】 称念寺、通称猫寺

京都西陣にある、称念寺、通称猫寺では、ペット・動物供養の大法要が本堂にて行なわれます。大法要は午後2時から、あらかじめ電話などでご予約ください。
※実施日は毎年変わりますのでご注意下さい。
http://www.nekodera.net
お問い合わせは075-441-4519まで

【期 間】 4月14・15・21日 【連絡先】 075-441-4519
【関連サイト・詳細】

【都をどり】 祇園甲部歌舞練場

祇園の芸妓・舞妓が演ずる京舞、咲き誇る艶麗な桜と美を競うように豪華な舞台が祇園甲部歌舞練場で繰り広げられます。

【期 間】 4月1日~30日 【連絡先】 075-541-3391
【関連サイト・詳細】

【やすらい祭】 今宮神社他

平安時代に流行した疫病をしずめるために行われたのが始まりとされる「やすらい祭」は、市内の今宮神社、玄武神社大神宮社(だいいじんぐうやしろ)などで行われます。
祭りでは、花傘を中心とした行列が行われ、踊りなどが奉納されます。
毎年4月第2日曜日。※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。
お問い合わせは、今宮神社075-491-0082、玄武神社075-451-4680、大神宮社075-493-2750まで

【期 間】 4月8日 【連絡先】 075-491-0082
【関連サイト・詳細】

【賀茂曲水の宴】 上賀茂神社

上賀茂神社の「賀茂曲水宴」は、寿永元年(1182年)に初まり、その後中断していましたが、平成6年に、皇太子殿下ご成婚・平安建都1200年遷宮奉祝記念(せんぐうほうしゅくきねん)として復興された、平安の雅を今に伝え万葉人の宴です。
毎年4月第2日曜日。
http://www.kamigamojinja.jp/
お問い合わせは、075-781-0011まで

【期 間】 4月8日 【連絡先】 075-781-0011
【関連サイト・詳細】

【豊太閣花見行列】 醍醐寺

豊太閣の花見行列は、慶長3年、秀吉が、秀頼、北政所(きたのまんどころ)、淀殿、大名、小名など約1300名を従え、秀吉最後の栄華を極め、醍醐寺で行った花見行列を復元します。
行列は午後1時~3時です。 
http://www.daigoji.or.jp
お問い合わせは075-571-0002まで

【期 間】 4月8日 【連絡先】 075-571-0002
【関連サイト・詳細】

【観桜方除け祭】 城南宮

城南宮の観桜(かんおう)方除け祭では、長寿と方除けを祈願します。
全国に伝わる伝統芸能をはじめ、剣舞(けんぶ)、扇舞(せんぶ)などの奉納行事が13日14日15日の3日間、終日続きます。
http://www.jonangu.com
お問い合わせは075-623-0846まで

【期 間】 4月13日から15日迄 【連絡先】 075-623-0846
【関連サイト・詳細】

【松尾大社中酉祭】 松尾大社

お酒の神様である松尾大社では、古来より、卯の日に酒造りをはじめ、酉に日に作業を終える習わしがあり、この日盛大に中酉祭(ちゅうゆうさい)の祭事が行なわれます。祭典は午前11時から行なわれます。全国の酒造家が豊穣感謝のために参拝し、終日にぎわいます。
※毎年4月の中の酉の日に行われます。十分にお確かめください。
BR>お問い合わせは075-871-5016まで

【期 間】 4月11日 【連絡先】 075-871-5016
【関連サイト・詳細】

【水口播種祭】 伏見稲荷大社

伏見稲荷の、稲の充実した生育を祈願するお祭です。本殿祭の後、境内の神田において籾種(もみたね)を撒(ま)く神事が行われます。
http://inari.jp

お問い合わせは電話075-641-7331まで

【期 間】 4月12日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

【十三まいり】 法輪寺

知恵参(ちえまい)りともいいます。京都では3月から5月にかけて、13日の日に数え年13歳になった男女が着飾って、健やかな成長を願い法輪寺などに参詣(さんけい)します。
お問い合わせは075-861-0069まで

【期 間】 3月13日から5月13日 【連絡先】 075-861-0069
【関連サイト・詳細】

【淳仁天皇祭】 白峯神社

蹴鞠(けまり)の家柄(いえがら)「飛鳥井家」(あすかいけ)のあった白峯神宮では、境内の末社(まつやしろ)には蹴鞠(けまり)の神様である鞠精大明神(まりせいだいみょうじん)が祭られています。そのお祭が淳仁天皇祭で、白峯神社の春季例大祭になっています。
大祭は午前10時30分から、蹴鞠は午前11時30分からです。サッカー関係者の参拝も多いそうです。
お問い合わせは075-441-3810まで

【期 間】 4月14日 【連絡先】 075-441-3810
【関連サイト・詳細】

【北野をどり】 上七軒歌舞練場

上七軒歌舞会(かみしちけんかぶかい)の舞踊公演です。物語に重きを置いた舞踊劇(ぶようげき)が特徴で、上七軒の花街のきれいどころが、歌舞練場で7日までの14日間公演します。
平日は午後1時30分と4時の2回公演。
観覧席は4,300円お茶券付き観覧席は4,800円です。
※日程は毎年変更になります。十分にお確かめください。
お問い合わせは075-461-0148まで

【期 間】 3月25日から4月7日 【連絡先】 075-461-0148
【関連サイト・詳細】

【御忌大会】 智恩院

智恩院の宗祖法然上人(そうそほうねんしょうにん)の忌日(きび)に当り、大鐘をならして、上人の徳を偲び25日まで行われる伝統の年中行事です。
http://www.chion-in.or.jp/
お問い合わせは電話075-531-2111まで

【期 間】 4月18日から25日迄 【連絡先】 075-531-2111
【関連サイト・詳細】

【稲荷祭・神幸祭】 伏見稲荷大社

伏見の稲荷大神が年に一回、氏子区域を巡行しその神徳をたたえる最大のお祭りです。
※毎年4月の20日に最も近い日曜に行われます。ご注意下さい。
お問い合わせは075-641-7331まで

【期 間】 4月22日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

【吉野太夫花供養祭】 常照寺

毎年4月の第2日曜に、常照寺では、常照寺開創の折に、島原の吉野太夫がこの地に学び、山門を寄進したと伝えられていることから、吉野太夫をしのぶ花供養が行われます。祭の見せ場の「島原太夫道中」は、源光庵を午前10時20分に出発します。
※実施日は毎年変わりますのでご注意下さい。
お問い合わせは電話075-492-6775まで

【期 間】 4月8日 【連絡先】 075-492-6775
【関連サイト・詳細】

【えんむすびさくら祭】 地主神社

毎年4月の第2日曜、東山五条にある地主神社では、満開となる『地主桜』の美しさを祝い、神々のお力を讚(たた)え、そのご利益により人々が良縁を授かることを祈願して「えんむすびさくら祭」が行われます。白川女(しらかわめ)による桜の献花と、謡曲『田村』『熊野』の奉納が行われ、宮司さんが俳句の献詠をします。
※実施日は毎年変わりますのでご注意下さい。
http://www.jishujinja.or.jp
お問い合わせは075-541-2097まで

【期 間】 4月8日 【連絡先】 075-541-2097
【関連サイト・詳細】

【清涼寺お身拭式】 清涼寺

清涼寺に安置される釈迦如来像を拭(ぬぐい)奉(たてまつる)年1回の行事です。大法要は午後2時からです。
お問い合わせは075-861-0343まで

【期 間】 4月19日 【連絡先】 075-861-0343
【関連サイト・詳細】

【壬生狂言】 壬生寺

壬生狂言は、鎌倉時代に円覚上人(えんかくしょうにん)が融通念仏(ゆうづうねんぶつ)を広めるために始めた、といわれています。笛、太鼓等に合わせた身ぶりだけの無言劇です。
午後1時から5時30分頃まで、5つの演目が演じられます。入場料は800円です。
http://www.mibudera.com/
お問い合わせは075-841-3381まで

【期 間】 4月29日~5月5日の7日間 【連絡先】 075-841-3381
【関連サイト・詳細】

【松尾の神幸祭】 松尾大社

一千年の伝統を持つ松尾大社の神幸祭として名高いお祭です。お神輿や行列が午前11時頃出発します。
※毎年4月の第三日曜に行われ、日程は毎年変わりますのでご注意下さい。
お問い合わせは075-871-5016まで

【期 間】 4月15日 【連絡先】 075-871-5016
【関連サイト・詳細】

【曲水宴】 城南宮

城南宮の曲水の宴は、平安時代から宮廷に伝えられた古式ゆかしい儀式です。
平安の庭で午後2時から行なわれます。
お問い合わせは075-623-0846まで

【期 間】 4月29日 【連絡先】 075-623-0846
【関連サイト・詳細】

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。