京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

08月のカレンダー

<<
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
>>

08月の祭事・行事

【鴨川納涼床】 鴨涯保勝会

京の夏の宵を彩(いろどる)納涼床は二条通りから五条通り迄の鴨川西岸に張り出されます。納涼床は料理屋を中心に約70軒あまりが床を並べます。5月1日から9月30日まで続けられます。 http://www.kyoto-yuka.com/
お問い合わせは075-343-6655まで

【期 間】 5月1日~9月30日 【連絡先】 075-343-6655
【関連サイト・詳細】

【嵐山の鵜飼い】 嵐山

大堰川(おおいがわ)に船をうかべ、かがり火の中、嵐山の夜景と鵜飼いを楽しみ、船上で納涼のひと時を過ごします。
嵐山の夏の風物詩で9月15日まで開催されています。
お問い合わせは075-861-0302嵐山通船まで

【期 間】 7月1日から9月15日 【連絡先】 075-861-0302
【関連サイト・詳細】

【如法写経会】 鞍馬寺

平安時代後期より行われており、書写(しょしゃ) された経巻(きょうかん)は埋納されます。明治以降中絶していましたが昭和15年再興されました。1~3日まで鞍馬寺で行われています。
お問い合わせは電話075-741-2003まで

【期 間】 8月1日から8月3日迄 【連絡先】 075-741-2003
【関連サイト・詳細】

【京の七夕】 堀川・鴨川・社寺等

全国から募集した願いをこめた京の七夕絵はがき短冊を寺院・神社や京都五山の送り火等で京都の夏の夜空に届けます。堀川会場:京友禅を育んだ地・堀川で竹と光と音楽でのイベント。鴨川会場:鴨川やみそそぎ川の御池~四条で様々なイベントを開催します。社寺:各社寺では、七夕飾りや夜間特別公開、ライトアップ等を実施します。
詳しくは、京の七夕実行委員会:電話: 075-222-0389 
ホームページhttp://www.kyoto-tanabata.jp/index.html

【期 間】 8月4日から8月10日迄 【連絡先】 075-222-0389
【関連サイト・詳細】

【五条坂陶器まつり】 若宮八幡

若宮八幡さんの氏子(うじこ)の陶磁器業者が集り、陶祖大神(とうそだいじん)をまつる祭礼にあわせて開催される大陶器市は、五条坂で午前9時から午後10時頃まで7日から10日までの4日間行われ、清水焼や京焼きを求めて全国から集まるお客さんで賑わいを見せています。
お問い合わせは075-561-1261まで

【期 間】 8月7日から8月10日迄 【連絡先】 075-561-1261
【関連サイト・詳細】

【六道珍皇寺六道まいり】 六道珍皇寺

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)では、7日から10日の4日間、精霊迎(しょうろうむかえ)の鐘をつくために多数の参詣者がつめかけ、先祖の亡魂、精霊を迎えます。
午前6時から午後10時まで。
お問い合わせは075-561-4129まで

【期 間】 8月7日から8月10日迄 【連絡先】 075-561-4129
【関連サイト・詳細】

【六波羅蜜寺万灯会】 六波羅蜜寺

六波羅蜜寺の開山、空也上人が天下の名僧を集めて行われたのがはじめと伝えられています。
開山法要は8日の早朝に行なわれ、大万灯への点灯は8日から10日の午後8時から行われ、16日の午後8時には送り万灯点灯が行なわれます。
お問い合わせは075-561-6980まで

【期 間】 8月8日から8月10日迄 【連絡先】 075-561-6980
【関連サイト・詳細】

【千本釈迦堂六道まいり】 千本釈迦堂

千本釈迦堂では、8日から12日の5日間、精霊迎えの法要が営まれ、秘仏の6体の観音菩薩像が開扉(かいひ)されます。道に迷っているという先祖の霊をお迎えし供養する行事です。
お問い合わせは075-461-5973まで

【期 間】 8月8日から8月12日 【連絡先】 075-461-5973
【関連サイト・詳細】

【壬生寺・精霊迎え万灯供養会】 壬生寺

先祖の霊をまつり、経木(きょうぼく)に法名を書き鐘をついて霊を迎えます。
六斎念仏奉納が9日午後8時から壬生寺で、16日午後8時30分からは中堂寺で行なわれます。万灯供養会は9日から16日の日没から午後10時までです http://www.mibudera.com/
 お問い合わせは075-841-3381まで

【期 間】 8月9日から8月16日迄 【連絡先】 075-841-3381
【関連サイト・詳細】

【東大谷万灯会】 東大谷祖廟

東大谷祖廟(ひがしおおたにそびょう)に全国や海外各地から納めらえれた霊と墓地に眠る万霊に対し孟蘭盆会(うらぼんえ)にあたるこの日に、万灯を奉じて供養します。
万灯会は14日・15日・16日の午後6時~9時です。
境内の約2万個の万灯に明かりがともされる様子は壮大で、京の人々のご先祖を供養する温かい思いを感じさせる行事です。
お問合わせは電話075-561-0777まで

【期 間】 8月14日から8月16日 【連絡先】 075-561-0777
【関連サイト・詳細】

【花脊松上げ】 花脊八桝町

花脊八桝町(はなせやますちょう)に古くから伝わる雄大な火の行事です。トロギの先端に松明(たいまつ)が投げられ、無病息災、五穀豊穣を祈願します。
お問い合わせは075-343-6655まで

【期 間】 8月15日 【連絡先】 075-343-6655
【関連サイト・詳細】

【松ヶ崎さし踊り・題目踊り】 涌泉寺

1307年、涌泉寺(ゆうせんじ)の住職であった実眼僧都(じつがんそうと)が日像上人(にちぞうしょうにん)を寺にまねき説教を聴いたとき、全村民が信伏(しんぷく)し日蓮宗(にちれんしゅう)に改宗(かいしゅう)しました。その際、実眼僧都が歓喜にあまり、太鼓を打ちならし“南無妙法蓮華経”をくりかえしながら踊ったと伝えられています。現在もウチワをクルクルと回しせながら南無妙法蓮華経を唱え、体を屈伸しながらの輪踊りをします。
15日は午後8時から10時頃、16日は午後9時頃から11時頃までおこなわれます。http://yusenji.com/daimoku/index.html
お問い合わせは075-722-1810まで

【期 間】 8月15日・8月16日 【連絡先】 075-722-1810
【関連サイト・詳細】

【大文字五山送り火】 五山

8月16日午後8時から、京都盆地の周囲の山に「大」「妙法」の字や鳥居、船を形どった火が次々に点火される、夏の夜の一代風物詩で、京都の精霊をおくるお盆の行事です。東山如意ヶ嶽(ひがしやまにょいがたけ)の「大文字」がもっともよく知られているので、送り火の代名詞になっています。
お問い合わせは075-752-7070(京都市観光協会)まで

【期 間】 8月16日 【連絡先】 075-752-0227
【関連サイト・詳細】

【西方寺六斎念仏】 西方寺

五山送り火の船形が点灯された後、午後9時から、西方寺では、黒い襟と帯に白装束の若中が太鼓を打ち、中老が鉦(かね)をならします。曲の最初と最後に念仏を唱え、六斎念仏が繰り広げられます。
お問い合わせは電話075-492-5889まで

【期 間】 8月16日 【連絡先】 075-492-5889
【関連サイト・詳細】

【嵐山灯篭流し】 嵐山渡月橋畔の中ノ島公園

大文字五山送り火とともに、京都らしい行事として広く知られています。嵐山渡月橋畔の中ノ島公園で法要の後、灯篭流しが行なわれます。大文字と灯篭流しを同時に見ることができます。
日没から午後9時までです。
お問い合わせは075-861-0591(徳林寺)まで

【期 間】 8月16日 【連絡先】 075-861-0591
【関連サイト・詳細】

【小山郷六斎念仏】 上善寺

上善寺(じょうぜんじ)は六地蔵めぐりの第1番寺です。六斎は「公家六斎」(くげろくさい)ともいわれ、鞍馬口(くらまぐち)のお地蔵さんとして親しまれています。この日は六地蔵めぐりの人々でにぎわいます。
重要無形民族文化財である六斎念仏踊りは、上善寺を中心に付近の人々に伝承されてきました。
お問い合わせは075-231-1619上善寺まで

【期 間】 8月22日 【連絡先】 075-231-1619
【関連サイト・詳細】

【六地蔵めぐり】 各お寺

古くから京都の町で受け継がれている風習の一つです。市内の街道の入り口にある六寺のお地蔵さまを巡拝して家内安全と無病息災を祈願します。各お寺で授与された、お寺ごとのお札を入り口に吊るすと、厄病が退散し、福徳が来るといわれています。
お問い合わせは、大善寺075-611-4966、浄善寺075-691-3831、地蔵寺075-381-3538、源光寺075-872-8157、上善寺075-231-1619、徳林庵075-581-0019、まで

【期 間】 8/22から23 【連絡先】 075-611-4966
【関連サイト・詳細】

【千灯供養】 化野念仏寺

化野(あだしの)は古来、庶民の墓地(ぼち)として、死者を風葬(ふうそう)しました。化野念仏寺は、この墓守りの寺として弘法大師が建立したと言われています。毎年、8月23日と24日には、境内8000余体の石仏・石塔に灯明をともして仏の霊を弔います。 
入山は完全予約制ですのでご注意ください。
お問い合わせは075-861-2221まで

【期 間】 8月23日・8月24日 【連絡先】 075-861-2221
【関連サイト・詳細】

【広河原松上げ】 広河原

愛宕信仰による献灯(けんとう)行事で、五穀豊穣や火除け、家内安全を祈ったものです。
松明点火は午後8時30分です。
お問い合わせは075-746-0215(左京区役所花背出張所)まで

【期 間】 8月24日 【連絡先】 075-343-6655
【関連サイト・詳細】

【雲ヶ畑松上げ】 雲ヶ畑

愛宕明神(あたごみょうじん)に火除けと五穀豊穣の祈願をする行事です。山上(さんじょう)に木で文字型の櫓(やぐら)を組み、松明(たいまつ)をつけます。やぐらの文字は毎年異なりますが、点火までは秘密にされています。
午後8時ころからです。
お問い合わせは075-406-2015)まで

【期 間】 8月24日 【連絡先】 075-406-2001
【関連サイト・詳細】

【久多花笠踊り】 久多の志古淵神社

久多の志古淵神社(しこぶちじんじゃ)の花笠踊りは、氏子が紙や木の芯で花笠をつくり、その花笠をもち、男達が太鼓と唄に合わせて踊る珍しい夏の行事です。
お問い合わせは075-748-2020まで

【期 間】 8月24日 【連絡先】 075-748-2020
【関連サイト・詳細】

【吉祥院六斎念仏】 吉祥院天満宮

吉祥院天満宮の六斎念仏踊りは、京都独特の永い歴史と伝統をもつ郷土芸能で無形文化財に指定されています。
お問い合わせは075-691-5303まで。

【期 間】 8月25日 【連絡先】 075-691-5303
【関連サイト・詳細】

【八朔祭法楽会】 蔵王堂光福寺

八朔(はっさく)とは、8月朔日(ついたち)、太陽暦では9月1日のことで、五穀豊穣を祈願する為に行なわれる行事です。蔵王堂光福寺の八朔祭法楽会は、午後7時30分頃から同寺で行なわれます。
お問い合わせは075-921-3625まで

【期 間】 8月31日 【連絡先】 075-921-3625
【関連サイト・詳細】

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。