洛東・岡崎・東山エリア
六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)
 

 
六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

平安時代の葬送の地、鳥辺野(とりべの)の入り口にあったお寺です。あの世とこの世を結ぶ地点と伝えられ、盂蘭盆会(うらぼんえ)が近づく8月7日から10日までの4日間は、多くの露店も参道に軒を並べ、お精霊(しょらい)迎えの人々がひきもきらず参詣します。門前の飴屋の幽霊飴(ゆうれいあめ)。赤子を抱いた母親幽霊が、お乳の代わりに赤子へ与える飴を買いに夜な夜な墓から出てきたという由来に因る昔ながらのアメさん。今では、ご陽気な若い女性たちの間でちょっとしたブームです。


【所在地】 605-0811 京都市東山区東大路通松原西入ル
【お問い合せ】 075-561-4129 
【アクセス】

京阪電車 四条駅下車 JR京都駅 市バス(206)〜清水道下車 徒歩5分

【ウェブサイト(URL)】
   
【年間スケジュール】

【1月】 

【2月】 

【3月】 

【4月】 

【5月】 

【6月】 

【7月】 

【8月】8月1日〜3日 六道まいり
六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)では、7日から10日の4日間、精霊迎(しょうろうむかえ)の鐘をつくために多数の参詣者がつめかけ、先祖の亡魂、精霊を迎えます。午前6時から午後11時まで。  

【9月】 

【10月】 

【11月】 

【12月】 

 
 
 
このページを印刷
一覧へ戻る
 
サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営:株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp
京都市下京区東洞院通五条上ル深草町586-1
TEL/FAX 075-344-1118(代)/075-344-1112
kyoto@ad-com.co.jp
| 会社概要 | 広告掲載について |
Copyright (C) 2007 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved.