洛西・嵐山・嵯峨野エリア
広隆寺
 

 
広隆寺

 十月十日、がーんと夜闇にひびく鐘の音。ぬうっとばかりにあらわれる牛。牛に乗った真っ白の仮面 のまだら神。赤鬼や青鬼とともに高張提灯(たかはりちょうちん)の明かりに照らされて、この広隆寺の内外を練り歩きます。牛祭の始まりとなります。寺内に戻ったまだら神は、金堂前の祭壇で、巻き物をひろげ、ゆっくりゆっくり祭文(さいもん)を読み上げます。これが長い。奇妙な声「からめ牛に荷鞍(にくら)を置き…云々」と語尾をきゅうーんと上げる語り口で延々つづきます。夜は更けて秋の冷気がただよいますがまだ祭文はつづきます。そうしてある瞬間、まだら神はだだっと壇を下り金堂に飛び込みたーんと戸を閉めて、祭はおしまい。奇祭も奇祭です。広隆寺は推古11年(603年)に聖徳太子が建立したわが国最古のお寺と伝えられます。このけったいな祭は、長和元年(1012年)に恵心僧都(えしんそうず)が夢のお告げを受けて始まったといわれています。牛さんの都合やいろいろの事情で毎年、祭が行なわれるとは限らないので、あらかじめ確かめて行くのが賢明です。

◆営業時間 参拝9時〜17時(12月〜2月は〜16時30分)
◆参拝料 700円(小中生400円高校500円30名以上50円引)


【所在地】 京都市左京区太秦蜂岡町32
【お問い合せ】 075-861-1461
【アクセス】

◆京福電鉄嵐山線「太秦」駅下車すぐ
◆市バス右京区総合庁舎前下車、徒歩2分

【ウェブサイト(URL)】
   
【年間スケジュール】

【1月】 

【2月】 

【3月】 

【4月】 

【5月】 

【6月】 

【7月】 

【8月】 

【9月】 

【10月】
10月10日 牛祭

【11月】
11月22日 聖徳太子の御火焚祭

【12月】 

 
 
 
このページを印刷
一覧へ戻る
 
サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営:株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp
京都市下京区東洞院通五条上ル深草町586-1
TEL/FAX 075-344-1118(代)/075-344-1112
kyoto@ad-com.co.jp
| 会社概要 | 広告掲載について |
Copyright (C) 2007 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved.